ファンダメンタル派のテクニカル分析

株初心者が儲ける方法TOP > ファンダメンタル派のテクニカル分析

コンテンツ


ファンダメンタル派のテクニカル分析
管理人は割安株長期投資で株式投資をしているので、ファンダメンタル分析派か、テクニカル分析派かで言えば、ファンダメンタル分析派だと思います。

しかし、株式投資をしている人で、テクニカル分析で株式投資をしている人もたくさんいます。と言う事は、テクニカルもファンダメンタルの要因だと考える事も出来ます。




▼ テクニカル分析とは?

ファンダメンタル分析が会社の業績、財務などを分析して、今後の株価の値動きを予想するのに対して、テクニカル分析とは、過去の値動きをグラフ(チャート)につけ、今後の株価が上がるのか、下がるのかを予想する分析方法です。難しそうですが、ポイントだけを抑えて学べば、至ってシンプルです。







上のチャートを見てみると、チャートは常に上下していますが、ある程度、一定の流れがあります。この一定の流れをトレンドと言います。トレンドはテクニカル分析の基礎です。短期、中期、長期的に見て、その銘柄が現在【上昇トレンド】なのか、【下降トレンド】なのかを見分けて、上昇トレンドに乗ることが大切です。

トレンドの変換を見極めるには、例えば下降トレンドの時、ローソク足の上を結んだ線を【上値抵抗線】と言います。上値抵抗線を突き抜けるようであれば、トレンドが変換したと見られます。







逆に上昇トレンドの時は、ローソク足の下を結んだ線を【下値支持線】といい、下値支持線を抜けると、上昇トレンドから下降トレンドに変換したと言われています。

次のページ 『ゴールデンクロスとデットクロス』へ→