プチバブルの崩壊|株初心者が儲ける方法 管理人による株式投資コラム

株初心者が儲ける方法TOP > 株式投資コラム > プチバブルの崩壊

コンテンツ


プチバブルの崩壊
最近、さまざまな理由が重なり合って、日本株が下落しています。日本株のみならず、アメリカや、新興市場の中国、ロシア、インドなども下げているので、ある意味『世界同時株安』現象が起きているのでしょう。




日本の株式市場は、ココ最近までちょっと熱を感じるくらいに上昇していました。個人的には『プチバブル』だと思っていましたが、やはりはじけましたね。

さて、プチバブルがはじめた今、次にどうなるのか予想をしなければなりません。ポイントとしては、

・どこまで下がるか?
・また上昇するのか?


この2点だと思います。

まずは1点目。どこまで下がるのか?

ハッキリ言って、わかりません。外国人投資家も日本株をたくさん買っているので、海外の市場状況、物価、為替、それから国内状況などなどを考慮しなければなりません。

ただ言えるのは、世界的に見れば、金融市場が冷え込んでいるので、これからも下がる可能性の方が高いのではないでしょうか?

そしてもう1点。また上昇するのか?

これは断言できます。必ずまた上がります。

下がり続ける相場はありませんし、上がり続ける相場もありません。

どこまで下がるかはわかりませんが、底を打ったら、また上がるでしょう。どこが底で、どのくらい上がるかはわかりませんが・・・。

プチバブルがはじけて、下がっている今は買い時と言えるのかもしれません。これからもっと下がるかもしれませんが、本来価値のあるものが、安くなっている今が買いなのは、誰でもわかると思います。

ただ、目先の利益を見てしまうと、含み損が増えてしまいます。『損するかも知れないもの』を買うのには、苦痛が伴います。

だから、追加資金が可能な人は買い進めればいいだろうし、それが無理な人は様子見でいいのではないでしょうか?

おいらも、現在保有銘柄の含み損が膨らんでいますが、損切りするつもりはサラサラありません。これから日本の株式市場が上がれば、それはそれでいいし、下がれば、またそれはそれでかまいません。

長い目で見られるようになると、目先の利益や含み損はどうでも良くなってきます。

(2006.06.07)