脱、ラットレース計画|株初心者が儲ける方法 管理人による株式投資コラム

株初心者が儲ける方法TOP > 株式投資コラム > 脱、ラットレース計画

コンテンツ


脱、ラットレース計画
最近やっと「金持ち父さん、貧乏父さん」を読みました。。しかも中古本屋さんで・・・買ってきた・・・モノです・・・。




投資系のサイト運営されているほとんどの方が読んでいるらしいのですが、その感想を読んだだけで、『大体こんな内容の本だろうなぁ』と、漠然とイメージを描いていました。

読んだ感想としては、ある程度予想していた内容ではありました。それでも勉強になった部分はかなりありましたね。

一番ビビッっと来たフレーズは、『貧乏人は給料をもらい、税金を払い、残った中から欲しいものを買う。金持ちは収入から欲しいものを経費として買い、そこから税金を払い、あまったらそのまま余る』というような事が書いてありました。

言われて見ればそうですよね。たとえばおいらは趣味でスノーボードをしています。そしてスノーボードサイトを運営していて、そのサイトでアフィリエイトをやっています。と、言うことは、スノーボード費用は、経費として計上できるっていうことです。これは正に目からうろこでした。

ほとんどの会社のオーナーさんも、たとえば車などは経費で購入しているだろうし、正当な理由で節税が出来てしまうのですよね。だから増税をするときに真っ先に目を付けられてしまうのがサラリーマンと言うことなのかもしれません。金持ちはいくらでも逃げ道がありますからね。

さてさて、『金持ち父さん』では、サラリーマンとしてコツコツ働き、毎月の収入の中でやりくりしている状態を、『ラットレース』と例えています。このラットレースを抜け出す為にはどうすればいいのか?と言うことを説明しているのですね。

おいらが株式投資をはじめた理由と、ほとんど同じような内容がこの本には書かれていましたが、自分の考えよりも、もっと具体的にわかりやすく書いてあったので、さらにモチベーションを上げることが出来たと思います。

まだまだおいらはラットレースの真っ只中。なるべく早くラットレースを抜け出す為にはどうすればいいのでしょうか?このサイトに書かれていることがうまく行けば、ラットレースから抜け出せるのでしょうが・・・。

保有株をドンドン増やして行き、配当金をたくさんもらえるようになれば、『脱、ラットレース』ですね。日本一の個人投資家の竹田さんは、配当金収入だけで、年収3億円超だそうです。おいらは・・・・竹田さんの100分の1位を目標にがんばりたいですね。

(2006.01.09)